• <span id="6gg6b"><sup id="6gg6b"></sup></span>
      <span id="6gg6b"></span>

        <track id="6gg6b"></track>
            [なすの簡単家庭菜園]プランター栽培で夏と秋に収穫する育て方

            育てる

            [なすの簡単家庭菜園]プランター栽培で夏と秋に収穫する育て方

            監修:

            なすは、比較的簡単に育てられる、家庭菜園でも定番の野菜です。また春に植えれば夏に収穫でき、さらに秋なすとしても収穫できる楽しみも!基本のプランター栽培の方法とともに2度収穫するコツもご紹介します。

            準備するもの

            • なすの苗
            • プランター(深さ30cm以上の長方形)
            • 野菜用培養土(プランターの深さ20cmくらいになる量) 
            • 鉢底石
            • 移植ごて(小型の園蕓用シャベル)
            • 化成肥料
            • 園蕓用ハサミ
            • じょうろ
            • 支柱(長さ150cm)
            • 麻ひも(ビニールひも、ビニールタイでも可)

            植え付け

            植え付けは4月下旬~5月中旬に実施します。よく洗ったプランターに鉢底石を入れて培養土を入れ、苗のポットの大きさよりも少し大きいくらいの植え穴を掘り、穴に水をたっぷり注ぎます。水が引いたら苗を植え、株元を軽く押さえて安定させましょう。

            支柱立てと誘引

            植え付けたら、苗から10~15cmほど離れたところに、長さ150cmくらいの支柱を垂直に立てます。
            下の寫真のように、支柱の高さ15cmくらいのところに、莖にひもをかけて誘引します。莖は育つと太くなるので、きつく結ばないこと。ひもを數回ねじってから支柱に結び、その後、たっぷりと水をあげます。

            苗を植え付け後、莖にひもをかけて誘引し支柱にゆるく結ぶ

            整枝

            整枝は6月上旬~中旬が目安。株が成長して枝葉が混んできたら、養分の分散を防ぐために行います。枝をよく観察してわき芽をかき取り、3本仕立て(※)にしましょう。

            ※3本仕立てとは:一番花の下にある元気な2本の側枝を殘して、その下にあるわき芽を全てハサミで摘み取ること。側枝が重たくてぐらつくようなら、追加で90cm程度の支柱を斜めに立てて固定する。

            わき芽を取って整枝し3本仕立てにする

            追肥と土寄せ

            植え付けから約1カ月経ったら、2週間に1回行います。1回目の追肥は、株元に円を描くようにして、1株あたりに化成肥料をひと握り(約20~30g)追肥します。
            2回目以降は、株元から離れたところに1株あたり約20~30gの化成肥料を追肥し、移植ごてで肥料と土を混ぜ合わせ、株元へ土寄せします。

            収穫

            6月上旬になると、一番果、二番果がつき始めますが、小さいうちに収穫してしまいましょう。そうすることで、株の疲労を抑えることができ、三番果以降の生長を促すことができます。三番果以降は、それぞれの実の成長具合を見極めて、中長なすなら10~12cm、大長なすは25~30cmなど、品種ごとの大きさを目安に収穫します。開花後、20~25日くらいで、果皮につやと張りがあるうちに収穫するのが目安です。

            秋なすを収穫するための準備

            7月後半になると、株に勢いがなくなり、実のつきも悪くなります。しかし8月に一定期間、株を休ませリフレッシュさせることで、秋にも収穫できるようになります。そのためには、
            1.更新剪定:株全體の高さが2/3~1/2になるように、葉の付け根のすぐ上で、枝を切り落とす。
            2.根切り:根元から半徑30cmくらい離れた場所に、移植ごてを入れて根を切る。
            3.追肥:2でできた穴に1株あたり30g/㎡の化成肥料を施す。
            こうしておくと、新しい枝葉がつき、根も新たに伸びて、約1カ月後から秋なすが収穫できるようになります。

            収穫後、枝を切り落として株を休ませ秋なすの収穫準備

            最後に

            なすは、さまざまな料理に使えて、何かと重寶する野菜。夏と秋の収穫で、とれたてのなすを2度味わってください。

            藤田 智

            藤田 智

            恵泉女學園大學 教授

            1959年秋田県湯沢市生まれ。宮澤賢治に憧れ、巖手大學農學部に入學し、同大學院修了。向中野學園高校教員、恵泉女學園園蕓短期大學助教授を経て、現職。専門は、園蕓學、野菜園蕓學。野菜栽培に関連する著書は130冊を超え、「NHK 趣味の園蕓 やさいの時間」や日本テレビ「世界一受けたい授業」などのTVにも多數出演する。家庭菜園や市民農園の指導、普及活動を通じて、野菜づくりの楽しさを広げる取り組みを行っている。
            ホームページ

            毎日の生活を野菜で楽しく、
            カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


            最終更新:2020.06.24

            文:アーク?コミュニケーションズ
            寫真(撮影): 谷川真一郎
            監修:藤田智、カゴメ
            參考文獻:
            『必ず収穫できる 藤田智の野菜づくり入門』藤田智(実業之日本社)
            『NHK趣味の園蕓 野菜の時間 藤田智の野菜づくり大全』藤田智監修NHK出版編(NHK出版)
            『野菜とハーブのプランター菜園』藤田智監修(ブティック社)

            • 種類
            • 栄養?効果 効能
            • 選ぶ?保存する 選び方、味、消費期限
            • 調理する 切り方、下ごしらえ
            • 育てる 栽培方法、家庭菜園
            亚洲七七久久桃花综合,在线偷拍视频精品视频,无码中字制服中字出轨中字,亚洲欧美日韩高清专区,亚洲欧美AV中文日韩二区