• <span id="6gg6b"><sup id="6gg6b"></sup></span>
      <span id="6gg6b"></span>

        <track id="6gg6b"></track>

            野菜をジュースで摂る理由

            解説ムービーを見る
            ↓
            1

            植物には強固な「細胞壁」があり、栄養の吸収を阻害している!

            野菜や果実などの植物には、肉や魚などの動物とは異なり、強固な細胞壁があり、栄養の吸収を阻害しています。そのため、栄養吸収率を高めるためには、この細胞壁を“壊して摂る”ことが重要です。

            動物細胞→細胞膜のみなので吸収されにくい。植物細胞→細胞壁があるので吸収されにくい。
            2

            細胞壁を壊すポイントは、「加熱」と「破砕」

            細胞壁を壊す方法は大きく2つあります。1つは「加熱」です。加熱すると、細胞壁が柔らかくなり、壊れやすくなります。もう1つは「破砕」です。ミキサーにかけたり、すりつぶすことで、細胞壁が壊れるのです。

            生の狀態での植物細胞→加熱することで細胞壁が柔らかくなる。破砕することで細胞壁が壊れる。
            3

            野菜ジュースで、効率的に栄養を吸収しよう!

            野菜を生のまま食べるより、ジュースなどの加工品にした方がリコピンは、おそよ3.8倍、ベータカロテンは、およそ1.5倍も吸収率が高まるという研究結果もでています。普段の食生活の中で、野菜ジュースをうまく活用して、野菜の栄養をしっかり摂りましょう。

            生のままに対し野菜ジュースなどの加工品の場合、リコピンは3.8倍、β-カロテンは1.5倍。

            *ジュースにすることで吸収率が上がる栄養素にはリコピン、β-カロテン等があります。*野菜は加工によって失われる成分もあります。*リコピンとβ-カロテンで評価方法は異なります。

            亚洲七七久久桃花综合,在线偷拍视频精品视频,无码中字制服中字出轨中字,亚洲欧美日韩高清专区,亚洲欧美AV中文日韩二区