• <span id="6gg6b"><sup id="6gg6b"></sup></span>
      <span id="6gg6b"></span>

        <track id="6gg6b"></track>

            業績のポイント

            2019年12月期 決算概況(IFRS基準)

            単位:百萬円

            2018/12

            2019/12

            前期比増減

            前期比増減率

            売上収益

            184,595

            180,849

            △3,746

            △2.0%

            事業利益

            12,400

            12,304

            △96

            △0.8%

            親會社の所有者に帰屬する當期利益

            8,998

            10,198

            1,200

            13.3%

            【売上収益?事業利益】

            當社は2019年12月期から3年間を対象とする中期経営計畫のもと、「食を通じて社會課題の解決に取り組み、持続的に成長できる強い企業」を目指しております。中期経営計畫の基本戦略である①収益力強化の継続、②新事業?新領域への挑戦による成長に取組み、更なる企業価値の向上に努めております。
            売上収益は、主に國內農事業、國際事業において前期から減収となり、事業利益は減益となりました。

            【親會社の所有者に帰屬する當期利益】

            「その他の収益」として、物流子會社であるカゴメ物流サービス㈱を新物流會社F-LINE㈱に統合した際の事業譲渡益を16億92百萬円計上しております。また、「その他の費用」として、9月から10月にかけての大型臺風の影響により、子會社である千葉ベビーリーフ菜園㈱は大きな被害を受けたことから災害による損失を3億61百萬円計上しております。

            業績予想(IFRS)

            【売上収益?事業利益】

            売上収益

            事業利益

            営業利益

            親會社の所有者に帰屬する當期利益

            2020/12

            186,700

            12,400

            12,900

            8,700

            ?20年度の連結通期業績予想は、売上収益を1,814億円に修正します。また、事業利益は當初の予想通り、124億円とします。
            ?事業別では、國內加工食品事業の売上収益を26億円マイナス、事業利益を8億円プラスします。家庭用商品で業務用商品をカバーしていきますが、業務用商品の売上収益の減少は年間を通して続くと見込んでいます。
            ?國內農事業も下方修正しますが、第1四半期の減収を下期で挽回し、未達幅を最小限にするとともに、黒字化を達成します。
            ?また、國際事業の売上収益を34億円マイナス、事業利益を6億円マイナスします。こちらはKagome Inc.の売上減少が今後も前年比7割程度で推移することを前提としています。

            1. 1.上記連結業績予想は、當社が2019年12月期より、國際財務報告基準(以下、IFRS)を任意適用することを決定したため、IFRSに基づき作成しております。
            2. 2.売上収益は、従來、販売費及び一般管理費に表示していた販売に関するリベート等を直接控除して表示しております。
            3. 3.事業利益は、売上収益から売上原価並びに販売費及び一般管理費を控除し、持分法による投資損益を加えた恒常的な事業の業績を測る利益指標です。
            亚洲七七久久桃花综合,在线偷拍视频精品视频,无码中字制服中字出轨中字,亚洲欧美日韩高清专区,亚洲欧美AV中文日韩二区