• <span id="6gg6b"><sup id="6gg6b"></sup></span>
      <span id="6gg6b"></span>

        <track id="6gg6b"></track>

            事業と特長

            事業內容

            カゴメの事業は、自然の恵みである「農産物の価値」を活かすことに立腳してきました。
            人の健康長壽に貢獻するための研究開発、品種開発や加工技術の開発、トマトにおいては農業から調達、生産、加工、販売と一貫したバリューチェーンを持った企業として、日本を中心に世界各地で「価値ある商品」をお屆けしています。

            セグメント別売上高構成比(2019年度)

            事業の展開

            ■事業拠點數(関係會社數)2020年3月時點
            グループ會社合計 43社?!『M猡问聵I拠點數は、33社?!∪毡緡鴥趣?、10社。

            ■輸出國數は85ヵ國以上
            種子事業85か國以上:北米(カナダ)、中南米(メキシコ等)、歐州(スペイン等)、アジア、中 近東、アフリカ、オセアニア(豪州?NZ)

            ■BtoB事業50か國以上
            北米(カナダ)、中南米(メキシコ等)、歐州(英、仏、スペイン等)、アジア、中近東、アフリカ、オセアニア(NZ)

            ■コンシュマー事業5か國以上
            アジア事業:香港、中國、臺灣、シンガポール、モンゴルなど

            カゴメの特徴

            垂直統合型ビジネス

            種子から食卓まで、ワンストップで価値を創造

            カゴメの強み

            1. 國內ナンバーワンのシェアを誇る商品群

            2. 緑黃色野菜の供給量

            市場動向について

            2019年の國內食品業界は、人口減少による市場規模の縮小、消費増稅、輸入原材料価格?物流費の高騰、世界情勢の変化など、依然として不透明な狀況が続くものと予想されます。この様な環境下、當社は「食を通じて社會課題の解決に取り組み、持続的に成長できる強い企業になる」の実現に向けて、長期ビジョンである「トマトの會社」から「野菜の會社」にを目指し、19年12月期より3ヶ年の中期経営計畫をスタートいたしました。

            価値創造プロセスについて

            2025年のカゴメのありたい姿「食を通じて社會課題の解決に取り組み、持続的に成長できる強い企業になる」ためには、事業を取り巻く環境変化を絶えず予測し、柔軟に対応できる組織である必要があります。事業を通じてカゴメだからこそ創出できる価値を社會に提供し、社會課題を解決していくことで持続的な成長を続け、サステナブルな社會の実現に貢獻する。それがカゴメの価値創造プロセスです。

            亚洲七七久久桃花综合,在线偷拍视频精品视频,无码中字制服中字出轨中字,亚洲欧美日韩高清专区,亚洲欧美AV中文日韩二区